wifiレンタルの送料

レンタル料金に送料が含まれていない場合がある

wifiをレンタルして利用する際には、送料の負担者だけでなくwifiレンタルにかかる費用の内訳をしっかり確認しておく必要があります。wifiレンタルサービスを提供している会社によって価格設定が異なりますが、wifiレンタルのための送料の取り扱いも会社によって異なります。送料がwifiレンタルの販売価格に含まれている会社もあれば、販売価格の中に送料は含まれず別途支払いを要求される会社もあるのです。

事前に費用の内訳を確認しておかなければ、申込手続きが完了してしまってから送料が必要という事実を知って後悔する可能性があります。wifiレンタルを申し込む際には、サービスそのものの販売価格の確認と同時に、販売価格の中に送料が含まれているのか確認しておきましょう。

送料の負担者の確認が必要

wifiレンタルにかかる送料は、利用者が負担しなければいけない場合もあれば会社側が負担してくれる場合もあります。先述したようにwifiレンタルの販売価格の中に送料が含まれている会社は、利用者側が送料を負担する形になっているのです。他社よりも高く見える販売価格でも、送料分を差し引いて考えると他社よりも安い場合があります。

一方wifiレンタルの販売価格の中に送料が含まれず利用者が送料を負担しなければいけない場合、wifiレンタルの販売価格のみを見ると他社よりも安く見えやすいため注意が必要です。別途必要となる送料を足して計算すると、実質かかる費用は他社よりも高い可能性が考えられます。wifiレンタルの販売価格を比較する際には、送料の負担者を確認して実質かかる費用で比較を行いましょう。

wifiを無制限で利用できるサービスは、パソコンやスマホの固定費を安く済ませたい人や、出張の機会が多い人を中心に需要が高まっています。